妊娠初期にオススメの食品と栄養1

妊娠初期にオススメの食品と栄養1

「妊娠初期に必要な栄養素とは?」
妊娠初期、赤ちゃんはお腹の中でぐんぐん大きくなります。超音波検査などでは、豆粒ほどにしか見えない胎児でも、どんどん成長を続けていき、脳や神経などの大切な器官を作り上げていきます。

 

ですから、母親はこの時期、特に栄養に気を配らなければなりません。しかし、体調が悪い、つわりがひどいなど、なかなか食事ができなくなることもあります。そんな時期におすすめする栄養の摂り方をお伝えします。

 

「妊娠初期に意識しておきたい栄養素」
妊娠初期で、まだつわりもない時期で、体調が良い時は、次の栄養素が摂れる食事を心がけましょう。

 

【葉酸】
妊娠初期にぜひ摂ってもらいたい栄養素です。胎児の神経が作られる時期なので、しっかり摂取しましょう。葉酸が豊富に含まれる食品は、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラ、イチゴなどです。食欲がある時は、これらの野菜類から葉酸を補いましょう。

 

【鉄分】
妊娠前から必須栄養素である鉄分は、妊娠すると途端に不足しがちになります。妊娠初期から意識して摂るようにしましょう。レバーやほうれん草、切り干し大根や高野豆腐などに含まれています。栄養のバランスやカロリーを考えると、和食のメニューが良いようです。切り干し大根や高野豆腐は、いろいろ利用できる食材です。

 

【タンパク質】
胎児の成長のためには、タンパク質は不可欠です。アミノ酸から作られるのですが、中でも必須アミノ酸は、胎児の成長にとって非常に大切なのです。必須アミノ酸を含むタンパク質を積極的に摂るようにしましょう。乳製品や牛肉、豚肉、鶏肉、卵などの動物性食品に多く含まれるので、バランスよく食事に取り入れましょう。

関連ページ

授乳期間中の摂り方1
授乳期間中の葉酸の摂り方1
授乳期間中の摂り方2
授乳期間中の葉酸の摂り方2
妊娠初期にオススメの食品と栄養2
妊娠初期にオススメの食品と栄養2
妊娠初期〜3ヶ月の摂り方1
妊娠初期〜3ヶ月の葉酸の摂り方1
妊娠初期〜3ヶ月の摂り方2
妊娠初期〜3ヶ月の葉酸の摂り方について説明していきます。妊娠初期〜3ヶ月の間は非常にデリケートな時期になります。この期間の葉酸の摂取方法もとても大切な事なのです。