厚生労働省推奨の葉酸摂取量について

厚生労働省推奨の葉酸摂取量について

厚生労働省では、妊娠を望む女性や妊娠初期の女性に対して、通常の食事で摂る量に加えて、いわゆる栄養補助食品を利用し、400μgの葉酸を摂取することを推奨しています。

 

この「いわゆる栄養機能食品」というのは、葉酸サプリメントのことです。

 

葉酸は、水溶性ビタミンなので、熱に弱い特性があります。食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸の吸収率は、50%程度なので、食品から400μg摂取しても、半分しか吸収されないということです。

 

これでは、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減化に必要な量には、到底届かないということです。

 

諸外国で行われた、葉酸と神経管閉鎖障害のリスク低減に関する調査結果は、吸収率の高い、モノグルタミン酸型葉酸によるものなので、厚生労働省に於いても、吸収率の高いほうを推奨しているわけです。

 

「確実に葉酸を摂取するために必要なのは?」
多くの葉酸サプリは、化学合成のモノグルタミン酸型葉酸が配合されたものです。吸収率が高いので、厚生労働省に於いても、妊娠前からの摂取を推奨しているのです。

 

実際の吸収率から考えてみると、必要とされる量の葉酸を、毎日確実に摂取するためには、モノグルタミン酸型葉酸が配合されたものを利用すべきなのです。

 

さまざまな食品から摂取する、ポリグルタミン酸型葉酸の必要性は、もちろん変わりないのですが、葉酸のはたらきが最も重要な、胎児の神経管が発達する妊娠初期は、無理に食品から摂ろうとするのではなく、こういった葉酸サプリメントも積極的に利用してみることをおすすめします。

関連ページ

理解しましょう、葉酸の大切さ
理解しましょう、葉酸の大切さ
摂取時期に合った選び方
摂取時期に合った選び方
どんな種類があるの??
どんな種類があるの??