理解しましょう、葉酸の大切さ

「理解しましょう、葉酸の大切さ」

葉酸は、妊娠前から必要な栄養素なので、積極的に葉酸サプリを飲みましょう、というフレーズが、雑誌やインターネット上で目立つようになりました。今では、妊活中の女性や、妊娠中の女性たちの間で、葉酸が重要な栄養素だということは、常識になっているようです。

 

「胎児に起こる、神経管閉鎖障害のリスクを低減するために」
妊娠を望む女性や、妊娠初期の女性たちが、葉酸を摂ることは、大事な赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを低減化するためなのです。

 

神経管閉鎖障害は、少々難しい病名ですね。神経管とは、胎児の脳や脊髄を司るもので、それが形成される妊娠4〜5週目頃に発症する、先天性の異常です。

 

何らかの原因で、神経管が上手く形成されなくなり、生まれてきた赤ちゃんに、歩行障害や直腸機能障害などがみられる二分脊椎症や、脳が欠損してしまう無脳症などの、重い病気を引き起します。

 

この、神経管閉鎖障害の原因のひとつが、葉酸の摂取量が不足することがあげられています。葉酸には、細胞が増殖するために必要な、DNAの合成を促す、非常に大事なはたらきがあるのです。

 

胎児の細胞分裂が、非常に活発になる妊娠初期に、この葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害のリスクが高くなるのです。

 

欧米各国で行っている疫学調査に於いて、受胎前後に十分な量の葉酸を摂ることで、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させることができたと発表されています。葉酸は、赤ちゃんの健やかな成長のために、非常に大切な栄養素なのです。

 

神経管閉鎖障害の発症は、受胎後から妊娠4〜5週目の、ごく初期の段階なのです。多くは妊娠にまだ気づかない頃なので、妊娠を望む女性は、妊娠前のできるだけ早いうちから、サプリメントを服用して、体内に十分な量の葉酸を蓄積しておくことが望まれます。

関連ページ

摂取時期に合った選び方
摂取時期に合った選び方
どんな種類があるの??
どんな種類があるの??
厚生労働省推奨の葉酸摂取量について
厚生労働省推奨の葉酸摂取量について